ワゴンR 値引き

ワゴンR値引き込の見積書を公開!スマイルやスティングレー、FZの総額は?

wagonr_mitumoritop

スズキ新型ワゴンRのハイブリッドFX-SやスマイルハイブリッドX、スティングレー・ハイブリッドTの見積もりの総額や新車値引き額についてこのブログで紹介しています。実際の見積書も公開中!

新型ワゴンR/スティングレーの見積りポイント!(記事の中でさらに詳しく紹介)↓↓

  1. ハイブリッドFX-S総額は185万円~
  2. スマイルは新車価格は195万円~
  3. スティングレーの新車見積もり総額は219万円~
  4. 値引き20万円程度は可能!実例アリ
  5. 交渉はワゴンR同士の競合が効果的

スズキ新型ワゴンR/スマイルの見積りをシミュレーション!新車乗り出し価格はいくら?

wagonr_selfmitu

まずは、スズキのホームページで新型ワゴンR/スマイルでセルフ見積りをやってみました。

対象のグレードは人気のハイブリッドFX-SとスマイルハイブリッドX、スティングレーハイブリッドTです。

それぞれのスペックはこちら。

グレード ハイブリッドFX-S スマイル
ハイブリッドX
スティングレー
ハイブリッドT
新車価格 146万円 165万円 177万円
型式 5AA-MH95S 5AA-MX91S 4AA-MH55S
駆動方式 FF FF FF
動力 R06D R06D R06A
全長
全幅
全高
3.395m
1.475m
1.650m
3.395m
1.475m
1.695m
3.395m
1.475m
1.650m
車両重量 770kg 870kg 800kg
排気量 657cc 657cc 658cc
エンジン最高出力
(kW[PS]/rpm)
36[49]/6500 36[49]/6500 47[64]/6000
WLTCモード 25.2km/L 25.1 km/L 22.5km/L

ハイブリッドFX-S 新車価格の見積もりは総額185万円~

wagonr_hybrid_fxs_mitsu

まずは1番人気のハイブリッドFX-Sからです。

見積り総額は185万円。車両本体価格は146万円にオプションや諸経費を合わせた金額になります。

ちなみにカラーはブラックを選択。ブラックはオプション料金がかからないですし、リセールも良いので。

ハイブリッドFX-Sで選択したオプション

wagonr_hybrid_fxs_mituop
全方位モニター用カメラパッケージ 74,800円
フロアマット
ジュータン ノーブル
14,630円
ドアバイザー 11,440円
スタンダード8インチナビ
(パナソニック)+
オーディオ交換ガーニッシュ
201,410円
合計: 256,465円

選択したオプションはこの4つ。

少し高いように感じますが、安全装備の全方位モニター用カメラパッケージは外せないので、このくらいになると思います。

そのほか、定番装備のフロアマットやドアバイザー、スタンダード8インチナビといった必要最低限の装備をつけています。

諸経費

wagonr_hybrid_fxs_syokeihi

諸経費は合計約8万円とかなり安い。

その要因は自動車重量税がエコカー減税の対象だからです。

自動車重量税 ¥3,700(50%減税)

ワゴンRでは自動車重量税は50%もの減税という恩恵を受けているため、わずか3700円と安い費用で収まっています。

ワゴンRハイブリッドFX-S値引き込みの総額は?[2024年7月 最新版]

ワゴンRハイブリッドFX-Sの見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

メーカーページのシミュレーションだけだと値引き込みの価格がわからないので微妙なんですよね。

そこで、ここではワゴンR’の最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年7月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 1,463,000円
メーカーオプション 74,800円
ディーラーオプション 227,480円
諸費用・税金 82,240円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲45,496円
③値引き合計(①+②) ▲45,496円
④見積もり総額 1,847,520円
支払総額 (④-③) 1,802,024円

値引き含む支払総額は180万円。

乗り出しはこれぐらいが目安になります。

ワゴンRスマイル・ハイブリッドX 新車価格の見積もりは総額195万円~

wagonr-smile_hybrid-x_mitu

続いてはワゴンRスマイルハイブリッドX。

見積り総額は195万円。車両本体価格にオプションや諸経費を合わせた金額になります。

オプションはハイブリッドFX-Sとほとんど同じにしましたが、セルフ見積もりでは8インチナビがなかったため、メモリーナビゲーションを装備しています。

そのほか、スマイルではボディ形状が変わりエクステリア、インテリアもワゴンRと違うものとなっています。

エクステリアにこだわりがあったり、普通のワゴンRより広い室内空間が欲しいのであればスマイルハイブリッドXが良い選択肢となるでしょう。

ただし、普通のワゴンR車両本体価格は19万円ほど高くなります。

ワゴンRスマイルハイブリッドX値引き込みの総額は?[2024年7月 最新版]

ワゴンRスマイルハイブリッドXの見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

ここでもワゴンR’の最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年7月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 1,647,800円
メーカーオプション 187,000円
ディーラーオプション 36,740円
諸費用・税金 82,650円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲7,348円
③値引き合計(①+②) ▲7,348円
④見積もり総額 1,954,190円
支払総額 (④-③) 1,946,842円

値引き含む支払総額は195万円。

乗り出しはこれぐらいが目安になります。

ワゴンRスティングレー・ハイブリッドT 新車価格の見積もりは総額219万円~

wagonr_stingray_hybrid-t_mitu

続いてはワゴンRスティングレー・ハイブリッドT。

見積り総額は219万円。車両本体価格にオプションや諸経費を合わせた金額になります。

オプションはハイブリッドFX-Sと同じです。

スティングレーではフロントデザインが変わる上にエアロが装着され、エクステリアが迫力あるスポーティな雰囲気になっています。その他の装備はほとんどハイブリッドFX-Sと同じ。

スポーティなエクステリアが好みなのであれば、スティングレーハイブリッドXが良い選択肢となるでしょう。車両本体価格はハイブリッドFX-Sより32万円高くなります。

ワゴンRスティングレー・ハイブリッドT値引き込みの総額は?[2024年7月 最新版]

ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTの見積もりを値引き込みでシミュレーションしてみました。

ここでもワゴンR’の最新(*)値引きデータを活用して計算しました。

*2024年7月現在

↓値引き後の支払い総額↓
本体価格 1,765,500円
メーカーオプション 74,800円
ディーラーオプション 227,480円
諸費用・税金 118,540円
①本体値引き ▲0円
②オプション値引き ▲45,496円
③値引き合計(①+②) ▲45,496円
④見積もり総額 2,186,320円
支払総額 (④-③) 2,140,824円

値引き含む支払総額は214万円。

乗り出しはこれぐらいが目安になります。

では、実際にディーラーで値引き込みの見積書を取るといくらになるか見てみましょう。

スズキでワゴンR・ハイブリッドFXグレードの値引き込みの見積書を出してもらった!総支払い額は144万円

wagonr_hyfxmitumori5
↑タップして拡大表示

シミュレーションでは値引きがなかったので、ディーラーに値引き込みの見積書を出してもらいました。

総支払い額は144万円

見積はディーラーと何度も値引き交渉を行い20万円の値引き提示がありました。

値引き額はオプション込みの値引き額なので、詳細はわかりませんが本体価格からは16万円、オプションからは4万円程度の値引きでしょう。

ハイブリッドFXで選択したオプション

wagonr_hyfxmitumori6

ディーラーが出してくれた見積ではシミュレーションにはなかった以下のものが追加されています。

  • ETCセットアップ
  • ETC/ナビゲーション接続ケーブル

これらはシミュレーションでは選べないもので、ディーラーのサービスとして販売しているものです。

また、ボディーコーティングやメンテナンスパック、延長保証もディーラーのサービス扱いになります。

もちろんこれらを付けないことも可能なので、ボディコーティングなどは不要であれば外しても良いでしょう。

新型ワゴンRの新車値引き交渉でやったこと

wagonr_hyfxmitumori7
今回交渉したのは2021年11月。

この時点の新車値引き相場は本体価格から15万円が目標でした。2019年のマイナーチェンジから2年経過していることもあり、値引き額は緩い状況。

そんな中、どうやって20万円以上の値引きが引き出せたのか公開したいと思います。

ムーヴ、デイズとの競合

スズキ新型ワゴンRの値引きを引き出すには、ライバルとの競合は必須

ポイントはトールワゴン型軽自動車で売れている車同士であることです。

売れているムーヴやデイズ、N-WGNであればスズキディーラーも意識しているので、競合させるとかなり効果があります。

スズキワゴンR同士の競合

ワゴンR同士を競合させるのも効果的です。今回の値引き交渉でもかなり効果がありました。

やり方はちょっとコツがあって、スズキディーラーの別会社同士で競合させる必要があります。

スズキの場合はスズキ自販◯◯店の、◯◯の部分が違えば別会社なので競合可能です。基本的には隣の県にあると思います。

suzuki_betsukaisya

※別会社かどうかの見分け方はこちら

車を購入!値引きで競合させる方法。同じ車同士も販売店が違えば可能!?車の値引き交渉では競合させるのが最も効果的です。 他の販売店と見積をとって競合させることで、ディーラーの営業マンも負けられない気持...

ワゴンRを安く買うには下取りも重要!

アルファード 査定

ワゴンRを安く買うには値引きと同じように下取りも重要です。

ただ、下取りはディーラーが安く査定してくることが多いので、騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

ナビクル公式サイトではサービスの詳しい内容や高額査定の事例を公開中!

▼公式サイトはこちらをクリック▼

もし、下取りではなく廃車にするつもりなら、こちらがおすすめ。買取保証+税金還付の2重取りが可能です。

「ワゴンR 値引き」に関する人気記事