タフト 値引き

ダイハツタフトの納期最新情報!納車時期はいつ?クロムベンチャーの事例も

タフトの購入で気になるのは

納期や納車がいつになるのか?

ということではないでしょうか。

そこで、この記事では独自調査した

  • タフトの納期の最新情報
  • 今後納期が早まるのかどうか

この2つの情報を紹介していきます。

また、早くタフトを入手したい人向けに、タフトの納期を短縮させる方法もあるので、そちらも参考にしてもらえればと思います。

今タフトを購入すると、納期・納車はいつになるのか?[2024年6月 最新版]

最新のタフトの納期の状況です。

最短 最長
3ヶ月

 
今契約すると早くて2024年9月に納車される見込みです。

参考:月刊自家用車(amazon/内外出版社)

納期が長いときは下取り価格を納車まで保証してくれるディーラーが多いです。ですがこれディーラーが安く下取りしているケースが多いので、気を付けましょう。

納期が長いときの下取り保証はウソ!?契約後でも査定のやり直しは可能納期が長期化しているときはディーラーから と言ってくることがよくあります。かなり良い条件に思えますが 実はこれディー...

ディーラーの下取り金額をアップしてもらう方法

ディーラーの安い下取り査定額をアップしてもらった事例です。

これ方法はすごく簡単で、ナビクルで査定してもらった査定額をディーラーに見せるだけです。

ホントこれだけでこのケースでは下取り金額が20万円アップしました。こんな簡単なことで下取り金額がアップするならやらないと損をするレベルだと思いますね。

また、ナビクルの査定は無料ですし、ナビクルだと申し込めば査定相場を画面ですぐにチェックできるので、はやく査定額が知りたい人もオススメです。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

今売らずに査定のみの利用もOK!

タフトの生産状況

タフトの生産状況の推移です。

生産台数は毎月違うので、これが納期にかなり影響しています。早くなるか遅くなるかは生産台数次第です。

タフトの生産状況はこちらの記事で詳しく紹介しています。

taft_seisanjokyo02
タフトの生産状況を公開!生産終了・停止の予定や目標台数は?生産工場は九州こちらのページでは タフトの各月の生産状況を紹介しています。 生産状況を知るうえで、最も重要なデータは毎月の登録車台数です。 ...

タフトの納期は都会と地方で違いアリ?

調査時期:2023年12月

地域 納期 備考
東京・横浜(都会) 約2〜3ヶ月
  • グレードを問わず注文可能
富山県(地方) 即納〜約1ヶ月
  • グレードを問わず注文可能

タフトの納期は地方よりも都会の方が早い傾向があります。

都会の方が注文数が多いので、東京などに向けたロット数が多いのが要因ですが、ロットが多くても都会の方に注文が集中すると逆転することもあります。

ただ、納期が早いからと言って遠くのディーラーから購入するとアフターメンテナンスなどはすごく面倒になるので、気長に待って近くのディーラーで購入したほうがトータルでは良いでしょう。

タフトの工場出荷時期目処(メーカー発表)

工場出荷時期目処の情報は現在メーカーから発表されていません。

タフトの納車予定と事例

タフトの納車予定についてTwitterやYoutubeなどの口コミ情報を元に事例を調査しました。

タフトは契約時期によって納車時期や納車までの期間は違いがあるので、参考にしてみてください。

(下記情報は我々が独自で調査したデータです。SNSや他のメディアで引用はOKです。ただし、こちらのページのURLの紹介を条件といたします。)

タフトの納車事例と予定
契約月 納車事例
2024年06月 2024年09月(3ヶ月:最短)
2024年05月 2024年08月(3ヶ月:最短)
2024年04月 2024年07月(3ヶ月:最短)
2024年01月 2024年02月(1ヶ月:最短)
2024年03月(2ヶ月:最長)
2023年12月 2024年01月(1ヶ月:最短)
2024年02月(2ヶ月:最長)
2023年11月 2023年12月(1ヶ月:最短)
2024年01月(2ヶ月:最長)
2023年10月 2023年11月(1ヶ月:最短)
2023年12月(2ヶ月:最長)
2023年09月 2023年11月(2ヶ月:最短)
2023年12月(3ヶ月:最長)
2023年08月 2023年10月(2ヶ月:最短)
2023年11月(3ヶ月:最長)
2023年07月 2023年10月(3ヶ月:最短)
2023年11月(4ヶ月:最長)
2023年06月 2023年09月(3ヶ月:最短)
2023年10月(4ヶ月:最長)
2023年05月 2023年07月(2ヶ月:最短)
2023年09月(4ヶ月:最長)
2023年04月 2023年06月(2ヶ月:最短)
2023年08月(4ヶ月:最長)
2023年03月 2023年05月(2ヶ月:最短)
2023年07月(4ヶ月:最長)
2023年02月 2023年05月(3ヶ月:最短)
2023年08月(6ヶ月:最長)
2023年01月 2023年04月(3ヶ月:最短)
2023年07月(6ヶ月:最長)
2022年12月 2023年03月(3ヶ月:最短)
2023年06月(6ヶ月:最長)
2022年11月 2023年02月(3ヶ月:最短)
2023年05月(6ヶ月:最長)
2022年10月 2023年01月(3ヶ月:最短)
2023年04月(6ヶ月:最長)

タフトの納期推移!今後は短縮?長期化?

これからタフトの納期がどうなっていくのか調べてみました。

契約時期 納期
最短 最長
2024年06月 3ヶ月
2024年05月 3ヶ月
2024年04月 3ヶ月
2024年03月
2024年02月
2024年01月 1ヶ月 2ヶ月
2023年12月 1ヶ月 2ヶ月
2023年11月 1ヶ月 2ヶ月
2023年10月 1ヶ月 2ヶ月
2023年09月 2ヶ月 3ヶ月
2023年08月 2ヶ月 3ヶ月
2023年07月 3ヶ月 4ヶ月
2023年06月 3ヶ月 4ヶ月
2023年05月 2ヶ月 4ヶ月
2023年04月 2ヶ月 4ヶ月
2023年03月 2ヶ月 4ヶ月
2023年02月 3ヶ月 6ヶ月
2023年01月 3ヶ月 6ヶ月
2022年12月 3ヶ月 6ヶ月
2022年11月 3ヶ月 6ヶ月
2022年10月 3ヶ月 6ヶ月

現在のタフトの最短納期は3ヶ月です。納車までの期間は先月と変化はありません。

過去6ヶ月間で見ると納期は安定傾向です。

遅れはなく通常どおりの納期の状況が続きそうですが、決算時期や年末商戦など繁忙期になると遅延することもあるので、商談や値引き交渉は早めにした方が良いでしょう。

納期は長くても下取り査定は今スグしたほうが良いワケとは?

最近では納期が長期化しているためディーラーでは納車まで下取り金額の保証をするケースが多いです。この例では1年も保証があります。

納車されるまで下取り金額を保証してもらえるなら、値が落ちないうちに早く査定をしてもらった方が得策ですよね。

ただ、これディーラーが安く下取り査定することが多いので、買取店としっかり競合させる必要があります。

もし、買い取り店に査定してもらうなら『ナビクル車査定』を利用するのがおすすめ。ナビクでは複数の優良な業者が査定してくれるので、高額査定が出やすいです。

公式サイトでは高額査定の実例や使い方など詳しい説明があるのでチェックしてみてください。

\高額査定が出やすい/

50万円アップの事例公開中!

タフトの納期を早める方法とは?


4ヶ月も待てない・・・

と思った方、まだ諦めるのは早いです。なぜかというとディーラーが提示してくる時期は目安でしかありません。実際の納期が早まることはよくあります。

そこで、どうしたら納期が短くなるのか、実際に納期が短くなった人に聞いてみました。

人気のGグレードを選ぶと、納期が1ヶ月短縮

納期が短くなった人に共通して言えるのが、人気グレードを購入しているということです。

ちなみに、タフトの場合はGが1番売れているグレードです。売れるグレードの生産ラインはフル回転で動いているため、生産性が高いです。なので、予定よりも多く生産できることもよくあるそうです。

インタビューした人の中にGを買って納期を短縮している人がいました。

フィット_日産同士の競合。最新値引き。 『Gの納車が早かった』
購入者:50代男性
納期:2ヶ月
グレード:G

ダイハツで人気のGだと比較的早い納車だと営業マンから説明されました。ターボやクロムベンチャーも興味なかったので人気のGを契約。すると、当初3ヶ月と聞いていた納期が2ヶ月で納車されました。予定のより納車になってよかったです。

タフトのキャンセル車が出たら回してほしいと、ディーラーに伝えておく

タフトはめちゃくちゃ売れる車種なので、その分キャンセル車もよくでます。

ディーラーからすると

キャンセル車=在庫車

になるので、キャンセル車を長く持つことを、かなり嫌がります。

キャンセル車が出た場合は早く売ってしまいたいので、商談中のお客さんに持ちかけるのが通常なのですが、ディーラーに

「キャンセル車が出たら、そっちでも良いよ」

と伝えておくと、キャンセル車を買うチャンスが回ってきます。ただ、これを伝えたからといって、キャンセル車を買う義務はありません。もし気に入らなかったキャンセル車なら、スルーしても問題なし。

インタビューした人の中にキャンセル車を購入し、納期を短縮している人がいました。

ノートのキャンセル車 『キャンセル車で納期が短縮!』
購入者:30代男性
納期:2ヵ月
グレード: Gターボ

とにかく早くいことを営業マンに相談してみると、
「キャンセル車が出た場合納期を短縮できますが、どうしましょう?」
と案内が。キャンセル車が出たら一報下さいとお願いしておきました。2ヵ月経った日に営業マンから連絡があり、近隣の店舗でキャンセル車が出たとのことです。実車を確認して、特に問題はなかったのでキャンセル車にしてもらうことにしました。納期は当初の6ヶ月から2か月に縮まりラッキーでした。

これが最速!新型タフトの新古車・中古車なら即納車

ヴォクシー 納期 ハイブリッド

とにかく早くほしい人は、ディーラーで購入するよりも

中古車を探した方が早い

です。

中古車は納期が短いことや価格も安いメリットがあります。

» 新車か中古車か迷ったらどっち?判断する方法をチェック

中古車と言っても、何万キロも走った車ではなく、10キロ程度しか走っていない新古車がオススメです。状態は新車と同様なのに、価格は新車で買うよりも20万円以上安く買えてしまいます。

ただ、新古車は人気が高いので、中古車店では売り切れのケースが多いです。

カーセンサーやGoo-net等ネットで見つけたとしても、問い合わせたら既に売れていた・・・なんてことは普通に起こっていますからね。

そこでもし本気で新古車を探したいなら、ズバット車販売を使うと良いです。

ズバット車販売ではまだネットに掲載されていない中古車も探してくれますからね。

中古車だと保証がないケースが多いですが、ここは10年保証+返品OKとかなり手厚く安心です

使い方は簡単でここにほしい車種と予算入れるだけ。

\ネットに掲載されていない中古車/

プロが無料で探してくれる!


公式サイトでは多くの非公開車両を紹介しています。
↓↓↓
ズバット車販売(https://www.zba.jp/car-hanbai)

インタビューした人の中にも、新古車を即納車で購入している人がいました。

ノートの新古車だと納期が最短 『新古車が即納車だった』
購入者:40代男性
納期:1週間
グレード:Gクロムベンチャー

早くタフトが欲しかったので新古車もネットで探していたのですが良い条件の車がみつかりませんでした。そんなとき友人からズバット車販売がオススメだと聞いたので、利用してみることに。早速申し込んで1~2日待っていると条件の車が見つかったとの連絡が。納期を確認すると、
「即納車できます」
とのこと。新車よりも10万円以上安くて、納車も早かったので満足しています。

タフトを契約した後の納期のチェック方法

タフトを契約した後も、納期はいつになるか気になりますよね。

そこで、契約後に納期をチェックする方法を紹介します。

タフトの最新納期情報をディーラーは知っている

ダイハツ_ディーラー

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

契約後はディーラーから

「あと◯◯日で納車できます」

なんてお知らせが来ることはないんですが、実はディーラーはいつお店にタフトが届くのかは知っているんです。

なぜ、そんな情報を知っているかというと、ディーラーはパソコンでリアルタイムのタフトの生産情報を見ることができるからです。

ディーラーは、あなたが契約したタフトが

・あと何日で生産開始されるのか?
・何日に完成するのか?
・発送されるのがいつなのか?
・お店にはいつ届くのか?

これらが丸わかりなんです。

なので、最新の納期がどうしてもしりたくなったら、契約した担当者に直接聞くのが手っ取り早いです。

タフトを安く買うには?


これからタフトを購入しようと考えている人は

「ガッツリ値引きしてほしい!」

これが本音ではないでしょうか。ですが、そう思っている人にちょっと気を付けてほしいことがあります。

それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にタフトを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

タフトの値引相場は?安く買えた交渉の実例を公開!

 

中古車を安く買う裏技!


中古車を購入しようと思うとカーセンサーやGoo-net等ネットで色々調べると思います。ですがその方法・・・

実はかなりしています。

安くて状態のいいものは、ネットに掲載されずに売れてしまうことが多いんです。そこでオススメなのがズバット車販売。

ズバット車販売はプロが車を探してきてくれるサービスです。ネットにまだ掲載されていない車も対象になるので、安くの状態の良い中古車が見つかりやすいのが特徴。

中古車だと保証がないケースが多いですが、ここは10年保証+返品OKとかなり手厚く安心です

\ネットに掲載されていない中古車/

プロが無料で探してくれる!

公式サイトでは多くの非公開車両を紹介しています。
↓↓↓
ズバット車販売(https://www.zba.jp/car-hanbai)

「タフト 値引き」に関する人気記事