セレナ 値引き

セレナのリセールバリューは5年落ち以降が悪い!リセール率の良い色は?

serena_resale

セレナから乗り換える時には

セレナを高く売りたい。

ですよね。

そこで重要なのがリセールバリュー(中古車として売るときの価値)

リセールバリューは年式や走行距離はもちろん、グレードの人気や、付けているオプション、ボディのカラーなどによって変わります。

今回は、セレナのリセールバリューを年式別、グレード別に公開します

また、ライバル車種であるノア・ヴォクシーやステップワゴンとのリセールの違いについてもデータを公開しているので、車選びの参考にもしてみてください。

※リセール率、リセールバリューについては毎月更新しています

セレナのリセールまとめ
  • 1~3年落ちのリセールは良い
  • 5~7年落ちの下落幅は小さい
  • 10年落ちになると大きく下がる
  • e-パワーのリセールが良い
  • リセールバリューの良い色は白、黒
  • ノアやステップワゴンよりリセールは悪い

セレナのリセールバリューが悪い?リセール率をグレードごとに紹介

serena_resale_grade02

まずはセレナのリセールバリューとリセール率(残価率)を見ていきましょう。

リセール率(残価率)とは、新車価格に対して中古車価格がどれだけの金額になるかの比率を表したものです。

セレナの平均リセール率をまとめると以下のようになります。

【年式別】セレナのリセール率
年式 リセール率(残価率)
3年落ち
(2021年〜)
26.0
~94.6%
5年落ち
(2019年〜2020年)
31.0
~76.7%
7年落ち
(2016年〜2018年)
5.6
~59.2%
10年落ち
(〜2015年)
1.5
~34.6%

具体的な中古車価格や、グレードごとのリセール率はこのあとに紹介していますので、あわせてご覧ください。

新型セレナの3年落ちのリセールバリューと残価率(リセール率)

新型セレナーの3年後のリセールバリューは以下の通りです。

セレナ 3年落ち(2021年〜)
リセールバリューと残価率
グレード 新車価格 買取相場 残価率
ハイウェイスターV 326.9万円
〜353.5万円
82.7万円
〜290.2万円
26.0%
〜82.8%
e-パワー ハイウェイスターV 368.6万円
〜368.6万円
295.1万円
〜346.0万円
80.8%
〜94.6%
e-パワー ハイウェイスターV アーバンクロム 366.5万円
〜366.5万円
202.9万円
〜238.9万円
56.1%
〜65.9%
e-パワー ルキシオン 479.8万円
〜479.8万円
325.8万円
〜353.2万円
68.7%
〜74.4%
XV 308.8万円
〜308.8万円
196.5万円
〜206.0万円
64.3%
〜67.4%

セレナ 3年落ちのモデルは全体として良好な残価率(平均67.1%)を示していますが、選択するグレードによって差が出ます。

最もリセールの良いe-パワー ハイウェイスターVグレードの平均残価率は86.7%、逆に最も悪いのはハイウェイスターVグレードで、平均残価率は53.4%です。

この2つのグレード間では約33.3%の残価率に差があります。

また、ハイブリッドは、ガソリン車と比較して平均で13.3%高い残価率を示しており、ここでも残価率に差が見られます。

セレナ 3年落ちのリセールバリュー例

グレード名 e-パワー ハイウェイスターV アーバンクロム
カラー パール
年式 2021年式
走行距離 3 km
査定時期 2024年6月
査定地域 埼玉県
査定額 238万円

参考:ガリバー

セレナの5年落ちのリセールバリューと残価率(リセール率)

セレナの5年落ちのリセールバリューは以下の通りです。

セレナ 5年落ち(2019年〜2020年)
リセールバリューと残価率
グレード 新車価格 買取相場 残価率
ハイウェイスター 270.8万円
〜275.8万円
51.6万円
〜209.8万円
19.7%
〜76.7%
ハイウェイスターV 293.2万円
〜333.5万円
61.7万円
〜236.1万円
21.7%
〜71.5%
e-パワー ハイウェイスターG 365.7万円
〜380.9万円
140.0万円
〜226.9万円
39.0%
〜60.3%
e-パワー ハイウェイスターV 343.5万円
〜358.2万円
85.2万円
〜255.7万円
25.5%
〜72.1%
XV 268.7万円
〜298.5万円
80.3万円
〜213.8万円
30.5%
〜72.3%

セレナ 5年落ちのモデルは全体として残価率が低めです(平均47.9%)。特定のグレードに注目し、慎重に選択することが推奨されます。

最もリセールの良いXVグレードの平均残価率は50.4%、逆に最も悪いのはハイウェイスターVグレードで、平均残価率は45.6%です。

この2つのグレード間では約4.8%の残価率に差があります。

また、ハイブリッドは、ガソリン車と比較して平均で0.5%高い残価率を示しており、ここでも残価率に差が見られます。

セレナ 5年落ちのリセールバリュー例

グレード名 e-パワー ハイウェイスターV
カラー パール
年式 2019年式
走行距離 2 km
査定時期 2024年6月
査定地域 福岡県
査定額 212万円

参考:ガリバー

セレナの7年落ちのリセールバリューと残価率(リセール率)

セレナの7年落ちのリセールバリューは以下の通りです。

セレナ 7年落ち(2016年〜2018年)
リセールバリューと残価率
グレード 新車価格 買取相場 残価率
ハイウェイスター 267.8万円
〜297.1万円
24.0万円
〜180.7万円
9.6%
〜61.5%
ハイウェイスター プロパイロットエディション 291.6万円
〜317.6万円
15.6万円
〜165.2万円
6.0%
〜52.7%
ハイウェイスター Vセレクション 293.4万円
〜319.4万円
10.7万円
〜185.3万円
4.3%
〜58.7%
ハイウェイスター VセレクションⅡ 287.4万円
〜313.5万円
15.7万円
〜199.4万円
6.1%
〜64.3%
e-パワー ハイウェイスターV 340.4万円
〜340.4万円
58.5万円
〜201.2万円
17.9%
〜59.8%

セレナ 7年落ちのモデルは全体として残価率が低めです(平均33.1%)。特定のグレードに注目し、慎重に選択することが推奨されます。

最もリセールの良いe-パワー ハイウェイスターVグレードの平均残価率は37.85%、逆に最も悪いのはハイウェイスター プロパイロットエディショングレードで、平均残価率は28.35%です。

この2つのグレード間では約9.5%の残価率に差があります。

また、ハイブリッドは、ガソリン車と比較して平均で6%高い残価率を示しており、ここでも残価率に差が見られます。

セレナ 7年落ちのリセールバリュー例

グレード名 ハイウェイスター
カラー パール
年式 2017年式
走行距離 4 km
査定時期 2024年3月
査定地域 長野県
査定額 180万円

参考:ガリバー

セレナの10年落ちの中古相場と残価率(リセール率)

セレナの10年落ちのリセールバリューは以下の通りです。

セレナ 10年落ち(〜2015年)
リセールバリューと残価率
グレード 新車価格 買取相場 残価率
ハイウェイスター 225万円
〜290.9万円
1.0万円
〜91.5万円
1.0%
〜32.1%
ハイウェイスター S-ハイブリッド 256.8万円
〜264.1万円
2.3万円
〜80.8万円
1.5%
〜31.2%
ハイウェイスター S-ハイブリッド エアロモード 269.8万円
〜269.8万円
2.3万円
〜88.7万円
1.5%
〜33.5%
ハイウェイスター Vセレクション 256.5万円
〜289.5万円
2.3万円
〜87.8万円
1.5%
〜31.0%
20S 210万円
〜256.6万円
2.1万円
〜41.3万円
1.5%
〜16.7%

セレナ 10年落ちのモデルは全体として残価率が低めです(平均14.2%)。特定のグレードに注目し、慎重に選択することが推奨されます。

最もリセールの良いハイウェイスター S-ハイブリッド エアロモードグレードの平均残価率は16.5%、逆に最も悪いのは20Sグレードで、平均残価率は8.1%です。

この2つのグレード間では約8.4%の残価率に差があります。

また、ハイブリッドは、ガソリン車と比較して平均で3%高い残価率を示しており、ここでも残価率に差が見られます。

セレナ 10年落ちのリセールバリュー例

グレード名 ハイウェイスター
カラー パール
年式 2014年式
走行距離 7 km
査定時期 2024年4月
査定地域 兵庫県
査定額 88万円

参考:ガリバー

セレナのリセールを上げてくれるオプション

serena_resale_option

次はセレナのリセールバリューを上げてくれるオプションを紹介していきます。

リセールの高いオプションは以下の1点です。

セレナのリセールを高くするオプション
  • 日産コネクトメーカーナビ

このオプションはすべて後付けできないメーカーオプションです。中古車を買うときに改めてつけることができないため、メーカーオプションがリセールバリューに及ぼす影響は大きくなっています。

以上のオプションは、リセールバリューを意識するならつけた方がいい装備でしょう。

セレナのオプションについて、以下の記事で詳しく解説しています。その他おすすめの装備を知りたい方はぜひご覧ください。

セレナでおすすめのオプション・ナビ一覧!カタログで後付けできない必須は?新型セレナをより便利にしてくれるのがオプションです。 セレナのオプションは無数にあり、中には後付けできないオプションもあるため、よ...

セレナのリセールバリューが上がる色は?

serena_resale_color03

リセールの高いオプションの次は、リセールの高い色を見ていきましょう。

セレナでリセールの高い色は以下の2つです。

セレナでリセールの高い色
  • プリズムホワイト
  • ダイヤモンドブラック

ホワイト系とブラック系のカラーは、性別や年代を問わず人気のある色です。

もちろん、好きなカラーを選ぶのもいいですが、リセールを意識するなら、ホワイトやブラックのカラーを選ぶのがいいでしょう。

セレナのカラーについて、以下の記事で詳しく解説しています。その他のカラーについても知りたい方はぜひご覧ください。

24年最新)新型セレナの人気カラーランキングとカラーナンバーと場所はどこ?新型セレナのからバリエーションは、ツートンやオーテック専用色も含めると全18種類もあります。 選択肢街多いのは嬉しいですが、これだ...

ノア・ヴォクシーやステップワゴンとのリセールを比較!

serena_resale_hikaku

ここまでは、セレナだけのリセールバリューを検討してきましたが、ここでは他の車種とのリセールバリューと比較していきます。

同じミドルクラスミニバンであるノア・ヴォクシーとステップワゴンのリセールバリューと比べてみましょう。
※ノアとヴォクシーのリセールはほぼ同じなのでノアと比較

ノアとステップワゴン
セレナとのリセール比較
車種 残価率
セレナ 25.00%~93.60%
ノア 72.50%~102.80%
ステップワゴン 64.80%~82.80%

3年落ちまでの範囲だと残価率が最も高い車種はノアで、その残価率は72.50%~102.80%です。

リセール狙いであればノアがおすすめです。

※条件は、①3年落ち ②走行距離 1万km~

まとめ:セレナのリセールを最大化するには?

最後にセレナのリセールを最大化する方法を考えてみましょう。

ここまでの情報をまとめてみます。

セレナのリセールまとめ
  • 1~3年落ちのリセールは良い
  • 5~7年落ちの下落幅は小さい
  • 10年落ちになると大きく下落
  • e-パワーのリセールが良い
  • リセールの良い色は白、黒
  • ノアやステップワゴンよりリセールが悪い

最も高く売れるのは人気のグレードやカラー選び、3年落ちまでに売却するケースになります。

セレナを安く買うには下取りが重要!

アルファード 査定

セレナを安く買うには値引きだけでなく下取りもが重要です。

ただ、下取りはディーラーが安く査定してくることが多いので、騙されないよう査定額を事前にネットで確認しておくのがオススメ。

ネットで確認した査定額をディーラーに伝えたらこんなことに・・・w

タップして拡大表示↓
serena_mitsumori_kaitori_keiyaku

面倒な査定もナビクル査定だと1~2分で確認できます。

\ディーラーよりも20万円以上高い査定/

今売らずに査定のみの利用もOK!

もしいきなり使うのが不安であれば、ナビクル車査定公式サイトで詳しいサービス内容をチェックしてみると良いと思います。

ワケありの下取り車は【ナビクル廃車買取】がおすすめ!

ディーラーや業者が買取を断るような

  • 20年前の車
  • 走行距離が20万キロ以上
  • 車検切れ
  • 事故車や故障車

こんなクソみたいな下取り車でも【ナビクル廃車買取】であれば、必ず0円以上で買い取ってもらえます。

それも出張買取なのでお店に持ち込む必要もありません。

また、自動車税などの還付(※)も受けることができるので、買取+税金還付の2重取りが可能。
※自動車税+車検の残りに応じてプラスで還付!

詳しくは下記のリンク先の公式サイトでチェックしてみてください。還付される金額や買取の実例も掲載されていますよ。

\どんな車も買取!税金還付!/

廃車手続きすべて無料

「セレナ 値引き」に関する人気記事